index_r1_c1_s1 index_r1_c2_s1 index_r1_c3_s1 index_r1_c5_s1
index_r1_c6_s1 index_r1_c7_s1 index_r1_c8_s1 index_r1_c9_s1 index_r1_c12_s1 index_r1_c13_s1

術後の経過と処置方法

当院では、施術を受けられた患者様に、経過や術後の処置方法を分かりやすくご説明いたします。 その一部を公開しておりますので、ご参考ください。
※紹介の症状と処置方法は、代表的な例として記載しております。経過や症状は個人差があります。こちらに記載のされていない施術につきましては、直接お問い合わせください。

診療科目を選択

ワキガ・多汗症 組織削除術についての術後の経過と処置方法

- 患部の状態 メイク・入浴 ご来院 注意・アフターケア
手術当日 傷口が開かないよう、また血腫を起こしにくくするために、強い圧迫固定をします。 シャワーは可能ですが、ワキの固定を濡らさないように、胸から下にして下さい。 腕は出来る限り動かさないで下さい。固定テープが外れたり、ガーゼ固定がずれた場合は、必ずご連絡下さい。
痛みに対しては、痛み止めのお薬でコントロールしてください。
抜糸するまで、飲酒は控えてください。
抗生剤は処方通りなくなるまで、服用してください。
1日目
2日目
3日目 軽いガーゼ固定になります。 消毒・検診
7日目 固定を外し、テープで保護します。患部は、傷・硬さ・色素沈着があります。 抜糸後、入浴可能ですが、ワキや傷口はこすらな様にしてください。 検診・抜糸 ストレッチ開始、ワキを少しずつ動かしてください。
激しい運動は、1ヵ月後より可能です。
1ヵ月目 1ヶ月検診
3ヵ月目 3ヶ月検診
印刷

アフターケアページへ戻る>>