index_r1_c1_s1 index_r1_c2_s1 index_r1_c3_s1 index_r1_c5_s1
index_r1_c6_s1 index_r1_c7_s1 index_r1_c8_s1 index_r1_c9_s1 index_r1_c12_s1 index_r1_c13_s1

術後の経過と処置方法

当院では、施術を受けられた患者様に、経過や術後の処置方法を分かりやすくご説明いたします。 その一部を公開しておりますので、ご参考ください。
※紹介の症状と処置方法は、代表的な例として記載しております。経過や症状は個人差があります。こちらに記載のされていない施術につきましては、直接お問い合わせください。

診療科目を選択

婦人科形成(小陰唇縮小術、大陰唇縮小、膣縮小術)についての術後の経過と処置方法

- 患部の状態 メイク・入浴 ご来院 注意・アフターケア
手術当日 術後は、生理用ナプキンをあてて頂きます。出血が止まる数日間はご使用下さい。
手術による腫れがあります。
痛みに対しては、痛み止めのお薬でコントロールしてください。
腫れや痛みが強い場合は、ご連絡下さい。
患部を清潔に保つために、ナプキンは頻繁に取り替えてください。お手洗いの際は、ビデか洗浄綿をご使用下さい。
1週間は飲酒を控えてください。
抗生剤は処方通りなくなるまで、服用してください。
患部は1ヶ月は刺激しないようにして下さい。
1日目 シャワー可能です。傷口は擦らないようにして下さい。
2日目
3日目
7日目 傷口はほぼ治っています。 入浴可能です。 検診
1ヵ月目 腫れや傷口も治まり、通常の状態になります。 1ヶ月検診
吸収糸を使用していますので、徐々に糸が溶けて自然に取れてきますが、糸が気になるようであれば、抜糸することも可能です。
印刷

アフターケアページへ戻る>>