index_r1_c1_s1 index_r1_c2_s1 index_r1_c3_s1 index_r1_c5_s1
index_r1_c6_s1 index_r1_c7_s1 index_r1_c8_s1 index_r1_c9_s1 index_r1_c12_s1 index_r1_c13_s1

リフトアップ

肌と同様、加齢によってコラーゲンが減ると筋肉もたるんできます。そんな悩みを解消する手段がリフトアップです。顔のたるみを持ち上げる事で、見た目年齢が5~10歳若返る事ができます。
リフトアップには手術、糸や機器を使って引き上げる、注入法などがありますので、貴女のライフスタイルにあった治療法をご提案します。

【リフトアップ比較表】

施術名 特長 持続 施術時間 コスト 効果
フェイスリフト 顔全体を引締め、10才以上若返る
最も効果がある施術
半永久的 4時間
リフトアップ比較表

リフトアップ比較表
ミニリフト 頬、口もとなど部分的に効果がある 半永久的 2~4時間
クイーンリフト 糸によるリフトアップの中で、
最も効果の高い施術の一つ
約3年 1時間
Zリフト 突起がある糸で固定力が上がり、
施術直後から効果を実感
約1年半~2年 30分
ウルトラVリフト シワ・たるみ・美肌の効果がある 約6ヶ月 30分

※フェイスリフトは、皮膚のタルミだけでなく筋肉(表在性筋膜)までしっかり引き上げることで効果を維持します。クリニックによっては、フェイスリフトの手術でも、「術後の腫れも少なく簡単に…」とある場合は、皮膚のみの処置だけで済まされている可能性があります。その場合は、直後は効果あっても、効果期間は非常に短く、傷が目立って残り、耳たぶの変形等の原因となります。その場合、手術が通常の半分以下の時間で終わりますが、上記注意が必要です。

手術療法によるリフトアップ

フェイスリフト

加齢によるタルミでフェイスラインが下垂してしまった場合、プチ整形では限界があります。タルミ取りの手術の代表がフェイスリフトです。

ブローリフト
ミッドフェイスリフト
ロアーリフト
ネックリフト

フェイスリフトの詳細


ミニリフト

あごを中心に首までの範囲をリフトアップする治療です。頬やアゴのたるみを引き上げたい人、ほうれい線、マリオネットラインを気にしている人にお勧めです。

ミニリフトの詳細


フォアヘッドリフト(前額リフト・前額除皺術)

髪の毛の中で切開するので、傷は目立たず、余った皮膚は切除する額のシワ取りの治療です。ボトックスでトータル的に額のシワが改善しない人にお勧めの手術です。

フォアヘッドリフト リフトアップ

糸を使ったリフトアップ

ウルトラVリフト

極細の針にV字の吸収糸が入っていて、針を抜き去ると糸のみが皮下に残り、引き上げたい方向に牽引されます。

ウルトラVリフト


Zリフト

世界初のPLA(ポリ乳酸)製のコグ付き糸を使ったリフトアップ術。強度が非常に高く、分解吸収されるのに今までのスレッドリフトの3倍遅いのでより多くのコラーゲンを生成し、ハリのある肌を作ります。

Zリフト


クイーンリフト

本格的なフェイスリフトの効果を切開することなく行います。

ヒアルロン酸(プチ整形)の詳細

機器を使ったリフトアップ

サーマクールCPT

高周波を皮膚真皮やゆるんだ筋肉に与えることにより、皮膚表面を傷つけることなく真皮にある線維芽細胞を刺激しコラーゲンを増やす治療です。

サーマクールCPT


ウルトラセル

高密度焦点式超音波(HIFU)・高周波RF(GFR)を組み合わせ照射する事で、表皮・真皮・SMAS(表情筋筋膜)を一気に引き締めリフトアップすることのできる最新治療器です。

ウルトラセル


イントラジェン (GFR)

GFRは、がん治療などにも用いられる「ラジオ波」と呼ばれる電磁波を使った治療法です。

イントラジェン (GFR)


スーパーフォトRF

フォトフェイシャルのIPLによる光エネルギーと、高周波(RF)を組み合わせた機械です。シミよりもタルミの方が気になるいう方にお勧めです。

スーパーフォトRF

注入療法によるリフトアップ

ビスタシェイプ(VISTA-Shape)

ボトックスとヒアルロン酸を組み合わせ、最小限の注入量で最大限に顔全体のシワやたるみを改善します。

ボトックス(プチ整形)の詳細

ネット予約 メール相談