index_r1_c1_s1 index_r1_c2_s1 index_r1_c3_s1 index_r1_c5_s1
index_r1_c6_s1 index_r1_c7_s1 index_r1_c8_s1 index_r1_c9_s1 index_r1_c12_s1 index_r1_c13_s1
Body

傷跡修正

外傷や火傷などで残ってしまった傷痕や他院の傷痕修正。
ピアスの穴や、リストカット、タトゥーなど、その状態によって専門医がアドバイスします。治療には、手術療法とフラクショナルレーザーなどを使用して傷痕を目立たなくさせる方法があります。

手術跡(交通事故の跡、盲腸、帝王切開、骨折等の手術の傷跡、外科手術の跡)や、いわゆるリストカットなどの自傷行為の跡、タバコの跡など、あらゆる『跡』に対応することが可能です。
一旦作ってしまった傷跡はなくすことはできませんが、目立ちにくくすることは可能です。
さらに、動かすとつっぱりがでるなどの機能的障害が起こっている場合には、形成外科的な手術方法を応用して機能的障害も同時に軽快することが可能です。気軽にご相談ください。

基本的な手術方法は、傷跡に幅があるかないかで変わってきます。

幅のある傷跡に対しては、傷跡部分の除去と形成外科的配慮をもった縫合し直しをお勧めしています。
傷跡が盛り上がりやすい傾向のある方には、術後圧迫療法をおこなったりもします。
傷跡が盛り上がり周囲に広がる傾向にあるケロイド体質の方には、積極的な手術的加療よりは、
保存的加療(注射・内服・テープ)を勧めています。
電子線治療の可能な施設をご紹介させて頂く場合もあります。


施術例(縫合しなおしとW形成術)

傷跡修正の症例写真
ネット予約 メール相談