index_r1_c1_s1 index_r1_c2_s1 index_r1_c3_s1 index_r1_c5_s1
index_r1_c6_s1 index_r1_c7_s1 index_r1_c8_s1 index_r1_c9_s1 index_r1_c12_s1 index_r1_c13_s1

脂肪吸引

無理なダイエットの結果リバウンドを引き起こしてしまった経験のある方は多いと思います。脂肪吸引の目的は、気になる体型のボディラインを美しく整えることにあり、脂肪細胞を減少させる手術ですので、リバウンドも起こしにくくなります。

脂肪吸引の仕組み

トゥーメセント法により、吸引部の脂肪層に止血効果のある薬剤と局麻剤を生理食塩水で希釈し注入してから、吸引します。
また、吸引部位は皮膚の目立たないところに、数カ所小さな切開をし、多角度から取り残しのないよう吸引するCriss Cross法で行っています。
吸引する脂肪層は、浅層、中間層、深層を様々なカニューレを使い分けることによってタルミのない、滑らかでスレンダーなボディに仕上げます。
吸引部の切開創は(3~4mm)には、スキンプロテクターを使用しますので傷跡も目立ちません。

脂肪吸引,恵聖会

施術の流れ

カウンセリング,恵聖会 カウンセリングルーム

オペ,恵聖会 オペ室

カウンセリング

まずはカウンセリングで、手術の内容や、どの部位をどれくらい脂肪をとるか説明します。

術前検査

より安全な手術を行うため、血液検査を行います。

施術

施術は全身麻酔を行いますが、吸引範囲がわずかな場合は静脈麻酔+局所麻酔でも可能です。

術後とアフターフォロー

手術後1~2時間安静後、当日に帰宅が可能です。
3日間、当院の包帯サポーターで、圧迫します。3日後、圧迫帯を取り外し、傷口に防水テープをし、シャワー可能となります。
この日よりガードルでの圧迫のみとなり、7日目に抜糸後、入浴が可能です。
マッサージを開始し、スタッフが丁寧に指導します。

ボディジェット脂肪吸引

ボディジェット脂肪吸引”とは、ジェット水流を利用した最新の脂肪吸引治療機です。水の力で脂肪を分離させることにより、組織を傷つけないため、術後の痛みや内出血、腫れなどのダウンタイムが少ない治療方法です。

ボディジェットの仕組み

ボディジェットは、カニューレ(特殊な細い管)の先端から、麻酔薬と止血剤入りのジェット水流を噴射することで脂肪層と筋肉層の間に水の隙間を作り、 同時にサイドの吸引孔より脂肪を吸引していきます。
血管や神経などの組織から脂肪細胞を分離させて吸引することで、周辺組織へのダメージを最小限に抑えるため、術後の腫れやむくみ、痛みや内出血などを最小限に抑え、回復が早いのが特徴です。
又、特に脂肪の多い場合、『S-200吸引機』と併用してより一層の効果をあげる場合もあります。

脂肪吸引,ボディジェット,恵聖会

ボディジェットの特徴

痛みが少ない
内出血が少ない
腫れやむくみが少ない

ベイザー脂肪吸引との比較

吸引部位と症例写真

バッカルファット除去 …バッカルファットとは、頬の上の部分にある脂肪の塊で、「頬脂肪体」とも呼ばれています。
バッカルファットは顔の高い位置にありますが、加齢とともに下がってきて、下ぶくれ顔、ブルドック顔、たるみやほうれい線の原因となります。
口の中の粘膜を小切開してこの脂肪の塊を除去することで、将来ブルドックになる事を防ぐのにも役立ちます。傷は口の中なのでわかりません。

ホホとアゴ及びバッカルファット除去

ホホとアゴ及びバッカル脂肪除去の症例写真

上腕の脂肪吸引

上腕の症例写真

大腿全周の脂肪吸引

大腿全周の脂肪吸引の症例写真 モニター体験談紹介中

腹部の脂肪吸引

腹部の症例写真 モニター体験談紹介中

※結果には各個人差がございます。

ネット予約 メール相談
料金のご案内