index_r1_c1_s1 index_r1_c2_s1 index_r1_c3_s1 index_r1_c5_s1
index_r1_c6_s1 index_r1_c7_s1 index_r1_c8_s1 index_r1_c9_s1 index_r1_c12_s1 index_r1_c13_s1

ウルトラVリフト(リードファインリフト)

韓国で話題になった治療で、シワ・たるみ・美肌に効果があります。髪の毛よりも細い糸(PDSという外科で使用する吸収糸)をたるみの気になる部分に挿入して顔の経穴(ツボ)を刺激し、皮膚の血行・代謝を改善する美容鍼を応用してたるみ・シワにも効果を出します。

ウルトラVリフト 極細の針にV字の吸収糸が入っていて、針を抜き去ると糸のみが皮下に残り、引き上げたい方向に牽引されます。
施術後、約6ヶ月~1年で、糸は吸収され、その間に皮下組織にコラーゲンを増生し、肌にハリを与えます。

ダウンタイムも少なく、施術後メイクも可能なため、ショッピングリフトとも呼ばれています。
(当院では、施術当日のメークは推奨しておりません。)

施術後に成長因子を導入すると一層の美肌効果が得られます。
症例写真ブログはこちら
ネット予約 メール相談
料金のご案内

Zリフト(PLAリフト)

世界初のPLA(ポリ乳酸)製のコグ付き糸を使ったリフトアップ術です。PLA製の糸は骨などを固定する吸収性プレート同じ素材で強度が非常に高く、分解吸収されるのにおよそ24ヶ月かかります。またPLA(ポリ乳酸)は米国FDAに唯一美容目的のスレッド糸として許可されています。

「Zリフト」の大きな特徴は、今までのスレッドリフトとは素材が全く違い、吸収スピードが3倍遅いという点です。長く皮膚の中にとどまることで、より多くのコラーゲンを生成し、ハリのある肌をつくるというメリットがあります。また、糸を入れた後に出す穴を開けずに済むので挿入部の数が少なく、針先が丸いので内出血が予防されます。多方向に設置されたジグザクのコグ(トゲ)により、皮膚と糸の固定力が上がりタルミが改善します。

Zリフト 恵聖会

Zリフト(PLAリフト)特徴

●所要時間…30分
●メイクは翌日より可能
●糸は1年半から2年で溶け、異物としてのリスクが残りません。
●ダウンタイムのほとんどない瞬間リフトアップ
●PLA(ポリ乳酸)は米国FDA認可で、安心・安全が確立されています。
Zリフト PLAリフト 恵聖会
ネット予約 メール相談
料金のご案内

クイーンリフト

糸によるリフトアップは、その糸の特殊性によって様々な種類があります。
その中で最も効果の高い施術の一つがクイーンリフトです。

特殊で安全な糸(ポリプロピレン)によって、交差状にタルミを引き上げます。(エクストーシス+スプリングアプトス)

本格的なフェイスリフトに近い効果を切開することなく可能にしました。
(頭髪の中で5mm程の切開のみで傷は全くわかりません。)

糸は数年かけて、少しづつ肌に馴染みながら、溶けていくので糸が永久に
残ることもなく、急に効果が無くなることもありません。
クイーンリフトの症例写真 モニター体験談紹介中

クイーンリフトの特徴

従来のフェザーリフト(アプトス、ワプトスetc)と同様、切開することなくタルミを改善させることが出来ます。
また、アプトスよりも糸の特殊性と埋め込みを交差させる事で、より高い効果を得ることが出来ます。

術後の経過

術後3日まで、患部を濡らさないように、シャワー程度ですませてください。
術後1週間~2週間は、麻酔などの影響でむくみや内出血の状態がありますが、お化粧は可能です。
3週間くらいより肌になじんできて、コラーゲンの増生もあります。
術後1ヶ月くらいより、エステなど顔のマッサージも可能となります。
又、顔のレーザー脱毛なども可能です。

ネット予約 メール相談
料金のご案内

フェイスリフト

加齢によってたるんでしまったフェイスラインを取り戻すには、プチ整形では限界があります。タルミ取りの手術の代表がフェイスリフトです。タルミは、皮膚のみでなく、筋肉や脂肪の下垂もあるためにおこり、それらを改善させる手術方法を行うことが大切です。

老化に伴い、おでこの筋肉(前頭筋)の緊張低下で額の皮膚がたるみ眉の外側が下がり三角眼となってきます。
こうした人は、額のシワを取るのと同時に、下がった眉をつり上げるブローリフトフォアヘッドリフト(前額リフト)が効果的です。

又眉の外側よりこめかみに出現するシワ(カラスの足跡)と、鼻唇溝上部から頬上部のタルミは、メーラーFAT下垂が関係しこめかみよりアプローチするミッドフェイスリフトが有効です。

又頬のタルミに関しては(ロアーリフト)皮膚と顔面を動かす筋肉の間にある浅筋膜組織(SMAS)を剥離し、挙上し、シワを伸ばす方向へ引いて、余った皮膚を切除するという手術を基本に行っています。

又同時に(ネックリフト)を組み合わせた方が効果も高く、特に首からアゴにかけてのタルミや脂肪が多い人は、脂肪吸引も組み合わせると、よりスッキリとした若返りが得られます。

SMAS法でのフェイスリフトはどうしても内出血・腫れが出る為、ライフスタイルも考慮し、最も適した治療方法をご相談下さい。

※フェイスリフトは、皮膚のタルミだけでなく筋肉(表在性筋膜)までしっかり引き上げることで効果を維持します。クリニックによっては、フェイスリフトの手術でも、「術後の腫れも少なく簡単に…」とある場合は、皮膚のみの処置だけで済まされている可能性があります。その場合は、直後は効果あっても、効果期間は非常に短く、傷が目立って残り、耳たぶの変形等の原因となります。その場合、手術が通常の半分以下の時間で終わりますが、上記注意が必要です。

フェイスリフトの症例写真
モニター体験談紹介中
症例写真ブログはこちら 症例写真ブログはこちら
ネット予約 メール相談
料金のご案内

ミニリフト

ミニリフトはあごを中心に首までの範囲をリフトアップする治療です。通常のフェイスリフトと同じ方法で、たるみを無くすことができます。効果の持続期間も同様に5〜10年と、長く、耳の前のしわに沿って切開するため、手術跡もほとんど目立ちません。

このような方に

頬やアゴのたるみを引き上げたい人、ほうれい線、マリオネットラインを気にしている人
これまでのたるみ治療に満足していない人、もしくは、より効果が欲しい人
お手軽にたるみを解消したい人

効果範囲は多少狭くなりますが、通常のフェイスリフトに比べおよそ1/3の切開での施術ができます。
ダウンタイムも短くなり、お手軽にフェイスリフトの施術を受けたい方にぴったりの施術です。

また、現在、以下の施術を行っている方は、フェイスリフト、ミニリフトを行う事でより高い効果を得ることができます。
・ヒアルロン酸治療やPRP注入療法を行っている方
・サーマクール、イントラジェンなど機械によるたるみ治療を行っている方
・ウルトラVリフトなど、糸によるリフト治療を行っている方
ネット予約 メール相談
料金のご案内

フォアヘッドリフト(前額リフト・前額除皺術) 

フォアヘッドリフトは、額の横ジワを伸ばす治療です。加齢により額のシワが深く刻まれ、ボトックスなどのプチ整形では、シワは改善しても逆に皮膚の緊張がなくなり、瞼が重くなり、まぶたのタルミが目立つ事もあります。ボトックスでトータル的に額のシワが改善しない人にお勧めの手術です。

①毛髪内切開法

髪の毛の中で切開するので、傷は目立たず、余った皮膚は切除するので、根本的には額のシワ取りの治療となります。
同時に眉をひそめる筋肉も処理出来ます。(眉間のシワ)
手術は全身麻酔で行います。 髪の毛の中でジグザグに切開をします。切開線の周囲は2-3cm程度、除毛します。
希望により除毛なしで手術することも可能です。
(ジグザグに切開することにより傷跡を目立ちにくくする効果があります。)
十分に目の上(眼瞼上縁)まで額を剥離し、十分に額の皮膚をリフトします。
余った皮膚は切除し、美容外科的に傷が目立ちにくいように細かく丁寧に縫合します。
術後はドレーン(血抜きの管)を入れます。翌日には抜去します。
抜糸は3週間後ですが、4日目より洗髪・入浴は可能です。

毛髪内切開法の症例写真

②はえぎわ切開法

額の髪の毛とのはえぎわを切開し、額のシワをのばす方法です。
毛髪内切開法にくらべ、剥離範囲も狭く短時間で額のシワを伸ばすことができます。

毛髪内切開法の症例写真

利点

・手術時間が短い 2ー3時間程度
・費用が安くつく
・額のシワがよく伸びる

欠点

・前髪をあげると傷が見えてしまう。
・皺鼻筋の切除ができない。
・眉毛のリフト効果が弱い
ネット予約 メール相談
料金のご案内

金の糸、プラチナの糸

金の糸とは直径0.1mmの細い24金の糸を顔や首の皮膚の真皮層に格子状に埋め込む手術です。
元々、金には免疫抑制作用があり、古来より様々な治療に用いられてきたというのを応用したものといえます。

切らずに肌が若返る金の糸

注射と同じ容量で埋め込むので、切らずにシワに効果的に働き、肌そのものが若返ります。
静脈麻酔を行うので、手術中痛みを感じることはありません。
ただ、他のリフト系の手術と違い、タルミをすぐに改善するのではなく、金が埋め込まれることで、糸周囲にコラーゲンが増生し、肌の細胞を活性化させるのが目的です。

術後の腫れ、痛みについて

金の糸 1週間から2週間は違和感がありますが、手術後はほとんど腫れもなく、少しむくむ程度です。
また、24金の糸を使用していますので、アレルギーの心配もなく、安心して施術していただけます。

金の糸を真皮または直皮直下に埋め込むことで免疫反応がおこり、マクロファージ、繊維芽細胞を刺激することによって、コラーゲンを増やし、毛細血管の新生を促します。
そのため、皮膚の厚みが増し、弾力が高まることで、徐々に肌にハリが出て、小じわが改善されます。

「金を真皮に植入するとコロイド状になった純金の作用で、あらゆるウイルスなどを食べてくれる免疫細胞・マクロファージなどの白血球が活性化する」という論文が報告されています。

金が真皮の中にある限り、金の作用がマクロファージを常に活性化させます。
免疫細胞である元気なマクロファージは、体の中のいらない物質をどんどん食べてくれます。
古いものは排除され、また新しいものに生まれ変わります。
効果は2~3週間であらわれはじめ、10~15年持続します。
使用する金の糸は、24金で直径わずか 0.1 ミリの特殊な糸です。
アレルギー反応の心配はほとんどありません。
金の糸は酸やアルカリに安定した元素のため、錆びたり溶けてなくなることはありません。

また、プラチナ(白金)の糸は金の糸以上に触媒効果が大きく、さらにエイジングケア効果が期待できます。
プラチナには、皮膚のたるみやシワなどの老化現象の原因である「活性酵素」を半永久的に除去するというユニークな働きがあります。
「プラチナの糸」であれば「金の糸」の効果に加え、さらなる老化防止が期待できます。
金の糸と同様にプラチナの糸を直接、皮下に埋め込むことにより、肌の内側から抗酸化作用に加え、線維芽細胞を活性化することにより、コラーゲンを始めとする弾性線維の生成を促し、しわ・たるみに対して長期的に効果を発揮します。
アレルギーが心配な方はパッチテストをしてから手術します。
ネット予約 メール相談
料金のご案内