index_r1_c1_s1 index_r1_c2_s1 index_r1_c3_s1 index_r1_c5_s1
index_r1_c6_s1 index_r1_c7_s1 index_r1_c8_s1 index_r1_c9_s1 index_r1_c12_s1 index_r1_c13_s1

皮膚科一般

当院では一般皮膚科診療も行っております(健康保険適用)。
皮膚科専門医が、一般皮膚科と美容皮膚科(健康保険適用外)を融合させた適切な治療方法をアドバイス致します。

蕁麻疹(じんましん)

皮膚科 内服 恵聖会
原因は食物や環境物質など様々で、睡眠不足やストレスなどにより生じることもあります。
慢性の場合には、治るまでに半年~数年かかる方もいます。
保険治療
内服 抗アレルギー剤アレルギー炎症抑制作用があります。
トランサミンブラジキニン抑制作用により効果が期待できます。
漢方薬体質改善を図ります。

ニキビ・ニキビあと

皮膚科 ニキビの種類 恵聖会
ニキビには数種類あります。男女共、思春期以降にホルモンの分泌が活発になります。皮膚の脂腺(あぶらのもと)が肥大し、毛穴が詰まり、ニキビ菌が増殖することにより赤いブツブツが顔や胸部、背中などにできます。
炎症が強いと、色素沈着や凹凸ができる場合もあります。
あなたの肌質や生活に合わせたニキビケアを見つけましょう。 ニキビの詳細

手湿疹

皮膚科 注射 恵聖会
水仕事をする方に多く、洗剤などの刺激や角質の水分保持力の低下、機械的刺激などが原因と言われています。
保険治療
内服抗アレルギー剤かゆみが強い場合に併用します。
外用ステロイド外用薬炎症を抑え、症状の程度に合わせて強さを調節します。
保湿剤洗剤による脱脂や水分補給を目的に使用します。
保険外治療
外用コエンザイムQ10クリームエネルギー変換にかかわる補酵素で、強力な抗酸化物質でもあります。
皮膚に栄養を与えることによって、皮膚が良い状態であるように保ちます。

アトピー性皮膚炎

皮膚科 内服 恵聖会 皮膚科 内服 恵聖会 皮膚科 注射 恵聖会
アトピー性皮膚炎は増悪・寛解を繰り返す、かゆみのある湿疹を主体とする皮膚病です。
遺伝的な要因に加えて生活環境・食生活・ストレス・アレルギー物質など様々な因子が発症・悪化に複雑に関連していると考えられています。
(顔面のアトピーが強い場合には、掻くことによると思われる白内障が出現している場合がありますので、眼科での検査が必要です)
最近ではアトピーの成人発症例も高頻度に見られます。
当院では日本皮膚科学会のガイドラインに沿って治療を行っております。
保険治療
内服抗アレルギー剤アレルギー炎症抑制作用があり、症状の緩和、掻破による増悪を防ぎます。
漢方薬炎症を抑える効果が期待できます。
外用ステロイド外用薬部位・症状により強さを調節します。※正しく使用することが大切です。
プロトピック外用薬主に顔や首に使用する非ステロイド剤で、症状の緩和を目的とします。
ヒルドイドローション皮膚の保湿を保ち、血流を良くします。
保険外治療
注射 プラセンタ(胎盤)注射 胎盤の抽出成分の中には、様々な成長因子やアミノ酸、ビタミンなどが含まれています。
体質改善、また直接肌に栄養を与えるものと考えられています。
更年期障害の方は保険が適応されます。
点滴キレーション点滴 アトピー性皮膚炎には、一部有害ミネラルの蓄積も原因になっているとも言われています。
毛髪検査を受けて頂き、有害ミネラルの値が高ければ、点滴による効果も期待できます。
外用コエンザイムQ10クリーム エネルギー変換にかかわる補酵素で、強力な抗酸化物質でもあります。
皮膚に栄養を与えることによって、皮膚が良い状態であるように保ちます。
ネット予約 メール相談