index_r1_c1_s1 index_r1_c2_s1 index_r1_c3_s1 index_r1_c5_s1
index_r1_c6_s1 index_r1_c7_s1 index_r1_c8_s1 index_r1_c9_s1 index_r1_c12_s1 index_r1_c13_s1

フォトフェイシャル&フォトRF(オーロラ)

フォトフェイシャルはIPLという光を顔全体に照射することで、お肌に負担をかけることなく、シミやそばかす、くすみ、赤ら顔を改善し、美しく張りのある肌へと近づける治療です。

フォトフェイシャルとは

フォトフェイシャルとは"光でお肌を美しくする"医療機器です。
お顔全体に有効な光をあてることで、沈着してしまったメラニンにダメージを与えると同時にコラーゲンの再生を活性化させます。

素肌が持つ本来の美しさを呼び戻し、お肌の内側から美肌作りをサポートします。

フォトフェイシャル協会加盟医療機器

正規のフォトフェイシャルを使用しているクリニックでは、必ずフォトフェイシャル協会加盟医療機関としての右記ロゴデザインが提示されておりますので、来院の際にご確認ください。

IPLの効果

フォトフェイシャルはIPL(Intense Pulsed Light)と呼ばれる特殊な光を使います。
このIPLが肌トラブルの原因となるターゲット(メラニンや毛細血管など)にあたると、光のエネルギーが熱に変わり、ターゲットにダメージを与えます。
ターゲットにダメージを与えることで、シミやそばかす、くすみを改善し、美白・美肌効果をもたらします。

IPLはターゲットのみに反応するため、素肌を傷つけることなく、トラブル部分のみにダメージを与えることができます。

又、コラーゲンなどの有効成分を作り出す繊維芽細胞の働きが活性化されることにより、お肌の内側から美肌効果を実感できます。


新型『フォトフェイシャル
ファーストm22』を導入

フォトフェイシャルファーストm22 当院では、日本ルミナス社の新型『フォトフェイシャルファーストm22』を導入しております。

フォトフェイシャルファーストm22は、異なる6種類の光(IPL)と高性能ヘッドを採用して、肌に合ったきめ細やかな施術が可能となりました。

従来の機種よりも更に安全性に配慮したテクノロジーが駆使されており、従来の機種では治療が難しかったシミ(肝斑)、くすみなどにも効果的です。
フォトフェイシャルファーストm22の施術風景
このようなお悩みの方に
・細かいシミやそばかすが多数ある
・最近お肌の張りがなくなってきた
・肌がいつも赤みを帯びている
・ニキビが治ったらシミのようになってしまった

※当院では日本ルミナス社の正規フォトフェイシャルを導入しております。
なお、リサイクル品のチップや消耗品は一切使用しておりませんので、安全に治療を受けて頂けます。



レーザー治療との違い

フォトフェイシャルはレーザー治療と混同されがちです。
一番の大きな違いはレーザー治療に比べ、フォトフェイシャルの方が肌へのダメージや負担が少なく、ダウンタイムが短い点にあります。

レーザー治療の場合、施術後に赤みやかさぶたができる可能性があり、数週間のテープ保護が必要です。

それに比べてフォトフェイシャルは施術後すぐにお化粧が可能で、赤みが出ても当日~翌日には落ち着きます。

又、レーザー治療では症状によって使用するレーザーを使い分ける必要がありますが、フォトフェイシャルはシミやそばかす、くすみや赤ら顔など複数の様々な症状の治療を一度に行なうことが可能です。
代表的なレーザー機器
QスイッチYAGレーザー ▲QスイッチYAGレーザー

Qスイッチルビーレーザー ▲Qスイッチルビーレーザー



効果・効能

シミ・そばかすへの効果

フォトフェイシャルのIPLは、シミやそばかすの原因となるメラニンにもにダメージを与えることができます。
又、メラニンの生成を抑制する効果もありますので、定期的に受けて頂くとシミやそばかすができにくい肌質になります。
ただし、シミにも様々な種類がありますので、その種類によってはレーザー治療が適切な場合もあります。

赤ら顔への効果

赤ら顔とは拡張した毛細血管が透けて見えてしまうことで、全体に赤みを帯びた肌に見えることを言います。
赤ら顔の原因は様々で、これまではレーザー治療で行なっていましたが、逆に毛細血管を傷つけてしまう恐れもありました。
フォトフェイシャルは毛細血管にダメージを与えることなく、余分な毛細血管を収縮させるので、毛細血管の拡張による肌の赤みを目立ちにくくする効果が期待できます。

しわ・肌の張りへの効果

肌の張りはコラーゲンやヒアルロン酸によって支えられています。加齢に伴いこれらが減少すると肌の張りが失われ、たるみやしわが 生じる原因のひとつとなります。フォトフェイシャルのIPLは繊維芽細胞を刺激し、コラーゲンの生成を促します。
ただし、深いしわやたるみの状態によってはヒアルロン酸やPRP注入療法、サーマクールなどが良い場合もあります。

にきび跡への効果

フォトフェイシャルで有効とされているにきび跡の状態は、赤みのあと(炎症後)の色素沈着になります。
シミやそばかすと同じく、色素沈着の原因となるメラニンにのみダメージを与えることができます。
凸凹したクレーター状のニキビ跡にはフラクセルⅡレーザーやフラクショナルレーザーが有効です。


メリットとデメリット

メリット

肌へのダメージが少ない

肌全体の治療が一度に可能

お化粧や洗顔がすぐに可能

ダウンタイムが短い

デメリット

回数が必要(お悩みや症状により個人差有)



フォトRF(オーロラ)

フォトRF(JMEC社)

フォトRF フォトRF(オーロラ)は、フォトフェイシャルのIPLによる光エネルギーと、高周波(RF)を組み合わせた機械です。
フォトフェイシャルが光エネルギー(IPL)を利用するのに対し、フォトRFは高周波(RF)を同時に利用するため、光エネルギーとは異なる熱エネルギーを肌の真皮層まで伝えることができます。
シミやそばかすの改善と同時にお肌の引き締め効果も得られます。

このようなお悩みの方に
・細かいシミやそばかすも気になるが、お肌も引き締めたい
・最近お肌の張りがなくなってきた
・年々、加齢と共に毛穴が目立つようになってきた
・ニキビが治ったらシミのようになってしまった

※当院ではJMEC社の正規フォトRFを導入しております。
なお、リサイクル品のチップや消耗品は一切使用しておりませんので、安全に治療を受けて頂けます。



さらなるリフトアップを望まれる方に

スーパーフォトRF

「シミよりもタルミの方が気になる」「サーマクールは値段的にちょっと…」という方にはスーパーフォトRFがお勧めです。
フォトRFのエネルギー設定を調節し、タルミを引き上げる当院独自の照射方法により、フォトRFよりもさらにリフトアップ効果を実感して頂けます。


施術の流れ

ご来院の前にカミソリでお顔剃りをして頂きます。

問診表にご記入頂きカウンセリング。気になるお肌の状態を診察します。

洗顔でお顔のメイクを全て落として頂きます。

フォトフェイシャル又はフォトRFの照射。

照射時間は20分ほどで、照射中はカメラのフラッシュのようなまぶしい光が出ます。
シミが多数ある場合は輪ゴムで弾かれたような痛みが多少ありますが、我慢できない痛みではありません。

お顔のジェルを洗い流して終了。直後よりお化粧が可能です。

お肌の保湿と沈静目的のためにイオン導入との併用がお勧めです。
ネット予約 メール相談
料金のご案内
ブライダルエステ