index_r1_c1_s1 index_r1_c2_s1 index_r1_c3_s1 index_r1_c5_s1
index_r1_c6_s1 index_r1_c7_s1 index_r1_c8_s1 index_r1_c9_s1 index_r1_c12_s1 index_r1_c13_s1

PRP注入療法(自己多血小板血漿注入療法)

血液中に含まれる「血小板」を注入することで、シワやタルミを改善する最先端の再生医療です。止血や創傷治癒などの自然治癒力と組織再構築力を高める働きを持つ血小板をご自身の血液から遠心分離し注入することで、シワ、ほうれい線などが改善します。

血小板とは・・・?

血小板は血液成分の一つで、止血や組織修復に関与します。
出血部位に凝集し止血を行うのが主なる役割ですが、様々な成長因子を放出し組織を修復するのも血小板の働きの一つなのです。
この成長因子の働きを利用して行う治療がPRP療法です。
血小板を注入することにより肌が“傷をつけられた”と錯覚を起こし、「成長因子」の働きによりコラーゲンが増殖され、肌組織が再生されていくという仕組みです。

成長因子の主な働き

EGF(上皮成長因子)血管の新生、損傷治癒を促進、上皮細胞の成長の促進
FGF(繊維芽細胞成長因子)コラーゲンの産生、ヒアルロン酸の産生、組織の修復
PDGF(血小板由来成長因子)コラーゲンの産生、血管の新生、修復、細胞の増殖
TGF-β(トランスフォーミング成長因子)損傷治癒を促進、上皮細胞の新生、増殖
VEGF(血管内皮細胞成長因子)血管内皮細胞の増殖、新生


注入箇所

PRP療法の適応症例 ※目の下、ゴルゴライン、ほうれい線、マリオネットラインは左右で1kitとなります。

治療の流れ

カウンセリング,恵聖会 カウンセリングルーム

パウダールーム,恵聖会 パウダールーム

メイクルーム,恵聖会 メイクルーム

診察・カウンセリング

洗顔又はお拭き取り

写真撮影(施術前後の効果比較の為)

採血(15~20cc弱)

麻酔クリーム+麻酔テープの添付(約40分)

麻酔の効果を待っている間、
遠心分離器を用いて多血小板血漿(PRP)

(又は白血球含有多血小板血漿(W-PRP)を作成

外用麻酔を除去し施術

終了次第、メイクをして頂き帰宅



さらに効果的なPRP療法

遠心分離 当院では、2回の遠心分離を行うことにより、従来の1回の遠心分離で行うPRP療法よりも血小板の濃縮率を高め、更に白血球、成長因子を添加することで効果を高めることができます。

従来のPRP療法にはなかった白血球との相乗効果や成長因子の直接効果で、局所での自然治癒力と組織再構築力をPRP単独による治療よりも数段増強させ強い効果を獲得できます。

遠心分離2

W-PRP療法

PRPの濃縮率を高め、さらに、自分の白血球を分離、添加する方法がW-PRP療法です。
従来のPRP療法よりも、強い効果と早い効果発現が期待できます。

PRPセルリバイブジータ

濃縮率を高めたPRPに成長因子を直接添加することで、さらに高い効果が得られる方法がPRPセルリバイブジータです。
血小板を放出する成長因子だけではなく、追加した成長因子が加わるため肌の再生は大幅に進みます。


PRPW-PRPPRPセルリバイブジータ
白血球ほとんど含まない適量混合適量混合
成長因子の添加なしなし適量混合

白血球は細菌、ウイルス、異物、老廃物の除去に関する血液成分です。
血小板に対して、成長因子を産生し、放出するように指令を出す役割を行っています。



安全性について

自身の血液から抽出した必要な成分を濃縮し、シワやタルミなどに注入することによって自己再生能力を高め皮膚を若返らせるという療法ですので、自然な効果が得られ、理想的な再生医療として注目されています。
またご自身の血液を使用するため、アレルギーなどの心配がほとんどなく、何度でも安心して施術を受けて頂けることも利点です。
美容以外の分野でも、歯科のインプラント治療や潰瘍治療などでも採用されている治療法です。

ダウンタイム(術後)について

術後の腫れについては、2,3日で治まります。
しかし、注入部位により異なり、眼周囲や額は比較的腫れやすく、その他の部位は腫れにくい箇所です。
この腫れというものは、自然治癒力を活性させコラーゲンなどの組織が再生されている証ですのでご安心下さい。
ネット予約 メール相談
料金のご案内