index_r1_c1_s1 index_r1_c2_s1 index_r1_c3_s1 index_r1_c5_s1
index_r1_c6_s1 index_r1_c7_s1 index_r1_c8_s1 index_r1_c9_s1 index_r1_c12_s1 index_r1_c13_s1
Skin

イントラジェン (GFR)

韓国で話題の切らないタルミ治療

最新のシワ・たるみ治療GFR

お肌のハリと弾力性に深く関わりのあるコラーゲン。

その生成を促すには、繊維芽細胞の働きを高めることが重要です。

今からご紹介するGFR(Grid Fractional Radio frequency)は、このお肌に欠かせないコラーゲンに着目した、最新のシワ・たるみ治療法です。

医療現場でも用いられる
ラジオ波を使用

GFRは、がん治療などにも用いられる「ラジオ波」と呼ばれる電磁波を使った治療法です。
電磁波を身体に照射して真皮に熱を加えることで、コラーゲンを収縮させ、シワ・たるみなどに改善効果を発揮します。
メスは一切使わないため、皮膚を切らずに治療が行えます。
※同じような電磁波を使用するものとして電子レンジがあります。
ただ、電子レンジはマイクロ波というラジオ波よりも波長が長い電磁波を使用しています。

シワ・たるみの改善

即効的なシワ・たるみ改善


真皮にラジオ波を照射すると、熱でコラーゲン繊維が収縮します。
そうすることで皮膚が引き締まり、シワ・たるみにすぐ改善が見られますが、効果は一時的なもので、1~2週間で元に戻ってしまいます。

持続的なシワ・たるみ改善


しかし、皮膚には自然治癒能力が備わっています。
熱で収縮したコラーゲンが修復される過程で、繊維芽細胞から新しいコラーゲンが増成され、その状態が3ヵ月ほど続くのです。これが創傷治癒です。
治癒の過程で栄養と酸素を供給された繊維芽細胞はより活性化し、コラーゲンの生産能力がアップするため、継続的なシワ・たるみ改善効果が表れます。


GFRの特長

格子状にエネルギー照射 皮膚を切らずに行えるため、肌への負担が少なく、ダウンタイムがほとんどないのが特長です。
しかし、これまでラジオ波を使った治療器は、真皮に熱を加える過程で、表皮に少なからず熱影響を与えていました。
GFRは、照射面を格子状にしてエネルギー照射するため、表皮へのダメージを最小限に抑えながら、真皮にしっかり熱を与えることが可能です。
さらにマルチパルス方式の採用により、大量の熱エネルギーを数回に分けながら皮膚に伝えるため、より少ないダメージで効果的な治療が可能です。

コラーゲン注射との比較

コラーゲン注射は、注入したコラーゲンが分解・吸収されてしまえば効果はすぐ元に戻ってしまいます。
一方、GFRは、コラーゲン生成を促して体の内側からシワ・たるみを改善していく方法です。
その効果には個人差がありますが、急激に元に戻ることはなく、継続的なシワ・たるみ改善が期待できます。
ただし、いくらシワ・たるみが改善しても、加齢による自然な老化は避けられません。
日頃のUVケアや保湿ケア、食生活などにも気を配り、規則的な生活を心がけましょう。

治療例

GFR症例写真
ネット予約 メール相談
料金のご案内

サーマクール(CPT)

高周波(radio frequency:RF)を皮膚真皮やゆるんだ筋肉に与えることにより、古いコラーゲンを一旦壊し、新たに大量のコラーゲンを生成させる高周波治療です。
小ジワ、タルミ、毛穴の開き、ニキビ、ニキビ跡などに効果を発揮します。
高周波は表皮を通り越し、真皮にあるコラーゲンに直接働きかけます。
皮膚表面を傷つけることなく真皮にある線維芽細胞を刺激しコラーゲンを増やす治療ですので、照射後は洗顔、お化粧をして通常通り帰宅してもらえます。
他人に気づかれたくない方でも安心です。(出血、傷跡などありませんが、数時間肌に赤みが出ることはあります。)
気になるフェイスラインのタルミを改善し、肌の張り、つやが戻ってきます。
お肌を引き締めながら、コラーゲンを生成するので、小顔、ニキビ、毛穴の改善にもなります。


サーマクール認定証書

サーマクールには、米国Thermage社が設けた認定医制度があり、指定されたカリキュラムを終了した医師にのみ、左の認定証書が手渡されます。
サーマクールという機械には一人に一回照射する毎に「チップ」と呼ばれる消耗品があります。



サーマクール「CPT」とは


サーマクールCPTとは

C

omfort (快適な)

P

ulse (パルス照射)

T

echnology (技術) の略です。

3つのコンセプトにより、従来のサーマクールに比べ熱感や痛みが大幅に緩和され、治療効果もさらに得ることができます。
又、サーマクールCPTのハンドピースはバイブレーション機能を搭載することにより、末梢神経を刺激し、脳への疼痛伝道路を遮断することにより、痛みや熱感を緩和します。

サーマクールCPTは痛みが少なく、従来のサーマクールと同じ出力で治療効果が30%アップしたと言われています。

均一な加熱&高温が長く維持する
CPTシステム

比較図

たるみの生じる理由

皮膚の状態を正常に保つのは真皮層と言われるところですが、そこの70%を占めているのがコラーゲンです。
若い時のコラーゲンは太くネット状に走っているのですが、加齢や紫外線、喫煙などの影響を受けたり、女性なら女性ホルモン(エストロゲン)が減少することにより、表皮が薄くなったり、コラーゲンを生成する線維芽細胞の機能が衰退し、コラーゲンが痩せて繊維が固くなり細胞間の弾力性が損なわれて、シワやたるみが生じることになります。 20代の肌と50代の肌

サーマクールの効果

サーマクールの効果の出方には2つのステップがあります。
まず、早期に認められる効果として、2~3日程で照射部位に張りが出てきます。
次いで真皮でのコラーゲンが増生するという効果が1~6ヶ月程度持続して、タルミの引き締め感が徐々に実感できるようになります。
そして、約半年までかけてゆっくりとリフトアップ効果が現れてくるのです。

シワ、たるみを切らずに改善できる

顔全体が引き締まり小顔効果がある

毛穴の開きやニキビ跡が改善される

肌につやが出る

お化粧のりが良くなる



治療の流れ

カウンセリング,恵聖会 カウンセリングルーム

パウダールーム,恵聖会 パウダールーム

メイクルーム,恵聖会 メイクルーム

カウンセリング

洗顔

写真撮影(施術前後の比較をしやすくする為)

貴金属類を全て外して頂き、側腹部へ対極板を貼付

照射部位に専用のシートでマーキング+リフトアップラインのデザイン

照射

洗顔後メイクをしていただき、帰宅

鬼頭理事長が顔半分のみを施術して、その効果を試してみました

鬼頭理事長,サーマ

【鬼頭理事長よりコメント】
痛みがほとんど無くなった第3世代サーマクール。
年齢的に50歳に差し迫ってタルミも出てきたので、試しに顔半分だけ照射してみました。
ダウンタイムもなく、数日後ふと鏡を見ると、確かに照射した側のホホが引き上げられて左右の顔が違っているのを確信して、嬉しくなり写真を撮りました。


ネット予約 メール相談
料金のご案内