イントラジェン(GFR)

GFR

お肌のハリと弾力性に深く関わりのあるコラーゲン。その生成を促すには、繊維芽細胞の働きを高めることが重要です。
GFR(Grid Fractional Radio frequency)は、このお肌に欠かせないコラーゲンに着目した、最新のシワ・たるみ治療法です。

イントラジェン

医療現場でも用いられるラジオ波を使用

GFRは、がん治療などにも用いられる「ラジオ波」と呼ばれる電磁波を使った治療法です。電磁波を身体に照射して真皮に熱を加えることで、コラーゲンを収縮させ、シワ・たるみなどに改善効果を発揮します。
メスは一切使わないため、皮膚を切らずに治療が行えます。
※同じような電磁波を使用するものとして電子レンジがあります。ただ、電子レンジはマイクロ波というラジオ波よりも波長が長い電磁波を使用しています。

ラジオ波使用例
STEP① 即効的なシワ・たるみ改善

真皮にラジオ波を照射すると、熱でコラーゲン繊維が収縮します。
そうすることで皮膚が引き締まり、シワ・たるみにすぐ改善が見られますが、効果は一時的なもので、1~2週間で元に戻ってしまいます。


STEP② 持続的なシワ・たるみ改善

しかし、皮膚には自然治癒能力が備わっています。熱で収縮したコラーゲンが修復される過程で、繊維芽細胞から新しいコラーゲンが増成され、その状態が3ヵ月ほど続くのです。
これが創傷治癒。治癒の過程で栄養と酸素を供給された繊維芽細胞はより活性化し、コラーゲンの生産能力がアップするため、継続的なシワ・たるみ改善効果が表れます。

シワ・たるみ改善

GFRの特徴

GFR 皮膚を切らずに施術ができるため、肌への負担が少なく、ダウンタイムがほとんどありません。
これまでラジオ波を使った治療器は、真皮に熱を加える過程で、表皮に少なからず熱影響を与えていました。GFRは、照射面を格子状にしてエネルギー照射するため、表皮へのダメージを最小限に抑えながら、真皮にしっかり熱を与えることが可能です。
さらにマルチパルス方式の採用により、大量の熱エネルギーを数回に分けながら皮膚に伝えるため、より少ないダメージで効果的な治療が可能です。

コラーゲン注射との比較

コラーゲン注射は、注入したコラーゲンが分解・吸収されてしまえば効果はすぐ元に戻ってしまいますが、GFRは、コラーゲン生成を促して体の内側からシワ・たるみを改善します。
その効果には個人差がありますが、急激に元に戻ることはなく、継続的なシワ・たるみ改善が期待できます。
ただし、いくらシワ・たるみが改善しても、加齢による自然な老化は避けられません。日頃のUVケアや保湿ケア、食生活などにも気を配り、規則的な生活を心がけましょう。

症例写真

イントラジェン症例写真 イントラジェン症例写真
料金はこちら
クリニックメニュー
0120-14-5620 心斎橋院 06-6252-5650 京橋院 06-6242-5620
© Keiseikai Clinic. All Rights Reserved.